天気予報

30

18

みん経トピックス

熊谷でホワイトデーマルシェ熊谷で「深谷ネギの座談会」

熊谷のベーグル専門店、看板商品「みそぱんベーグル」を地元名物にとPR

  • 0
熊谷のベーグル専門店、看板商品「みそぱんベーグル」を地元名物にとPR

みそぱんベーグルを手にする店主の臼杵健さん

写真を拡大 地図を拡大

 熊谷のベーグル専門店「ウスキングベーグル」(熊谷市筑波1、TEL 048-522-7717)が看板商品「みそぱんベーグル」を地元名物にしようとアピールに力を入れている。

 店主の臼杵健(うすきたけし)さんは以前、岡部町(現在は深谷市)を拠点にイベント出店をメインで販売していたが、「多くの人にいつでも食べてもらいたい」と熊谷駅前通りに2013年、店舗を構えた。

 同店のベーグルは「かみごたえ」が特徴。もちもちした食感で「かめばかむほどおいしさを感じられる」という。定番のプレーン(180円)のほか、「くるみとクリームチーズ」(240円)や「生バナナチョコナッツ」(260円)、「シナモンロール」(220円)などバリエーションも豊富に用意。テークアウト利用が多いが、イートインにも対応する。席数は4席。

 看板商品の「みそぱんベーグル」(230円)は、群馬県のソウルフード「焼きまんじゅう」の味をベーグルで再現したもの。みそは、熊谷産の「手作り無添加 特選おにっ子みそ」を使い、焼きまんじゅう独特の甘じょっぱさを再現し、「子どもも安心して食べられるベーグルに仕上げている」という。

 臼杵さんは「群馬県のお客さんからも『地元の焼きまんじゅうよりおいしい』との声を頂くなど評判も上々。みそぱんベーグルがこの街の名物になり、多くの人に熊谷へ足を運んでもらえるきっかけになれば」と話す。これまで約2年で6800個を売り上げており、PRに力を入れ「年内に2万個の売り上げを目指す」とも。

 営業時間は10時~19時。日曜定休。

グローバルフォトニュース