3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

行田にトルコランプ工房 好みのデザインで手作り体験、リピーターも

ライトがついているときも、ついていなくても、異なる雰囲気が楽しめるトルコランプ

ライトがついているときも、ついていなくても、異なる雰囲気が楽しめるトルコランプ

  • 68

  •  

 トルコランプの手作り体験ができる「トルコらんぷ工房HAPPY」(行田市行田、TEL 050-3177-4839)が国道125号線沿い、行田市商工センター近くのチャレンジショップにオープンして3カ月がたった。

完全予約制「インスタグラムDMまたはメールで気軽に問い合わせてほしい」と話す岡田さん

 店主の岡田幸恵さんは、友人からプレゼントされたトルコランプに魅せられて自作するようになり、講師資格を取得。東京谷中銀座のトルコランプ店「ZAKUROらんぷ家」正規代理店としてオープンした。

[広告]

 工房では、本国から取り寄せたトルコガラスを使い、好みのデザインでトルコランプやガラスプレート、キャンドルホルダーなどの手作り体験ができる。完全予約制で、参加者は初めに作りたいランプの大きさや形を選び、オリジナルデザインを紙の上で構成、ガラスランプにモザイクガラスやトルコビーズなどデザインに合わせて貼っていく。体験時間は約2時間。貼り付け後、岡田さんが石膏を流して仕上げ後日完成品を渡す。

 体験できるのはキャンドルホルダー3,000円やランプ「くるりん」「すずらん」(以上5,000円)など、大きさによって雰囲気もさまざま。子ども体験用のガラスプレート(2枚作成で1,600円)や、トルコ雑貨、手作りマスクなども販売。トルコランプのオーダーも受ける。

 オープンから3カ月、口コミやSNSで広がり「1つ作ると違うデザインを作りたくなる」とリピーターも少しずつ増え予約が取りにくい曜日もあるという。岡田さんは「予想以上にたくさんの方が体験にお越しくださりとてもうれしい。1組貸し切りの予約でゆっくり楽しく体験していただけるようにしたい」と話す。「トルコじゅうたんや国旗に使われる魔よけや星をモチーフにしたものなど定番のデザインだけでなく、自分の好みのデザインを相談しながら、作ることを楽しんでもらえればうれしい」とも。

 「コロナ禍でイベントが次々と中止になり市内も寂しい雰囲気。トルコランプ作りの魅力を知ってもらい、行田の街に訪れる人を増やし、町おこしにも協力できれば」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~16時。トルコランプ制作体験は10時~、13時~。完全予約制。

Stay at Home