天気予報

19

10

みん経トピックス

関越道花園IC近くにホテル熊谷市とバブがプロジェクト

埼玉伝統工芸館でワイン祭 県外ワイナリー出店や有機野菜販売も

埼玉伝統工芸館でワイン祭 県外ワイナリー出店や有機野菜販売も

日本ワインの魅力を広める目的もある

写真を拡大 地図を拡大

 埼玉伝統工芸館、道の駅おがわまち(比企郡小川町小川)で4月29日、「小川のワイン祭」が開催される。

前回のワイン祭の様子

 完全無農薬のブドウにこだわり、来春に醸造所開設する「武蔵ワイナリー」(比企郡小川町小川)が主催する同イベントは今年で2回目。

 社長の福島有造さんは「昨年は予想をはるかに上回るたくさんの来場者に恵まれた。新しい醸造所建設に出資してくださる人もあり、醸造所増設の夢が早期実現できてうれしい」と話す。

 当日は、日本のワイン・日本酒・地ビール販売のほか、フードコーナー、無農薬野菜マルシェ、クラフト展示、ステージではライブパフォーマンスを展開する。会場には、福島さんが声を掛けた、山梨県、栃木県、富山県、山形県のワイナリーの商品が並ぶ。子ども用には武蔵ワイナリーのワインと同種のブドウで作ったブドウジュースを用意する。

 福島さんは「飲んだり食べたりできる場所も重要。昨年好評だったバーカウンターをはじめ、子どもが飲食できる場所を考えた。前回に輪をかけていいイベントにしたい」と意気込む。

 「オーガニックキャラバン」コーナーでは、オーガニック素材を使った「たこ焼き」「総菜」「地粉うどん」のほか、天然酵母を使ったパン、チーズ、生ハム、ベジタリアン料理を販売する。

 熊谷市からはイタリア料理店「アルティジャーノ」が出店。ブドウ作りに興味を持った店主が福島さんに畑の相談をしたことが出店のきっかけだったという。店主は「同祭は参加する人も集まる人も有機農法や食の安心安全について関心の高い人が多く、畑の相談をしたり情報を共有したりと交流できるのも魅力」と話す。

 福島さんは「イベントを通じて多くの人に、当社が手掛ける有機農法によるブドウ栽培の取り組みも伝えたい。私たちの考える食の安心安全、環境保全の提案を世界に発信していけたら」と話す。

 開催時間は10時~16時。入場無料。雨天決行。

グローバルフォトニュース