食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

熊谷にカフェダイニング 「第二の実家」コンセプトに、居心地の良い空間を

店のテーマ「ヒマワリ」を手にほほ笑む小野さん(右)とスタッフ

店のテーマ「ヒマワリ」を手にほほ笑む小野さん(右)とスタッフ

  • 67

  •  

 熊谷市役所の近くに「CAFE DINING HIKARI(カフェダイニングヒカリ)」(熊谷市末広、TEL 048-594-7839)がオープンして3カ月がたった。

店内2階のキッズルーム

[広告]

 熊谷市役所近くにある2階建ての白い建物、「第二の実家」をコンセプトに店主の小野美香さんが開いた。店内はヒマワリの花と白い壁、ナチュラルカラーのインテリアを配置し、「家に帰って来たような雰囲気」を演出する。延べ床面積は約79平方メートル。1階は近隣で働く人をターゲットにカウンター4席、テーブル5卓14席、2階はキッズルーム付きの個室2室。「出産後、子どもと外出したい、食事に行きたいと思っても場所が限られていて、行く場所がなくて困った」という小野さん。子連れで集える場所を作りたいと、2階は靴を脱いで子どもと一緒に過ごせるよう、バウンサーやおむつ替えのベッドも備える。

 メニューは「日替わりプレート」や週替わりの「パスタランチ」「pizzaランチ」などのランチメニュー(715円~)をはじめ、「自家製ティラミス」(440円)「アフタヌーンティー」(2段1.100円)、「濃厚タピオカチーズティー」(660円)などのカフェメニュー、窯焼きピザやハンバーグ、白身魚のソテー、グリル料理、ドリンク、オリジナルカクテルも用意する。離乳食・幼児食コーディネーターの小野さんが作る離乳食メニュー、お子さまメニューもそろえる。

 オープンから3カ月がたち、働く人のランチ利用や子ども連れ、ママ友のランチ会など口コミで広まり、2階は日中の予約で埋まっている日が多い。小野さんは「子ども連れはもちろん、近所の方、仕事で昼食が遅くなってしまう方にも、お茶を飲みに気軽にふらっと寄れるような実家感覚の店にしたい」と話す。「野球が好きで、好きなチームをイメージするオリジナルカクテルも作った。ゆくゆくは店内で観戦できるように準備したい。お客さまと一緒に楽しめれば」とも。

 営業時間は10時~17時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース