見る・遊ぶ 学ぶ・知る

秩父鉄道恒例「わくわく鉄道フェスタ」 車両基地一日開放し体験、SLや車両展示も

小学生以下限定で参加できるSL動輪磨き体験

小学生以下限定で参加できるSL動輪磨き体験

  •  
  •  

 秩父鉄道(本社熊谷市、大谷隆男社長)は5月18日、車両基地を開放して行う鉄道イベント「わくわく鉄道フェスタ」を開催する。

運転台見学ができるSLパレオエクスプレス

 幅広い世代に鉄道に親しんでもらおうと2004年から毎年開催しているイベント。今年15回目を迎える。

[広告]

 通常は入ることのできない広瀬川原車両基地を1日開放し、保有するさまざまな車両や東武鉄道保有の「8000系車両」、ラグビーワールドカップ2019TMラッピングトレイン・6000系車両を展示するほか、SLパレオエクスプレスの運転台見学や子ども連れ家族限定で参加できる電気機関車運転台の乗車体験、電車運転台記念撮影会、SL動輪磨き体験(小学生以下限定)など、さまざまな鉄道体験を用意する。

 イベントでは鉄道アイドルや若手シンガーのライブ、埼玉ご当地ヒーローズのヒーローショー、創立120周年を迎えた秩父鉄道の歴史を振り返る記念講演会も企画。クイズラリーや数量限定で来場記念品の進呈もある。

 開催時間は9時45分~15時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加