食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

熊谷ラグビー祭り ワールドカップ開催直前で魅力伝える、ご当地かき氷「雪くま」も

ラグビープチ体験やタグラグビー教室も予定する

ラグビープチ体験やタグラグビー教室も予定する

  •  
  •  

 熊谷スポーツ文化公園ラグビー場(熊谷市川上)で8月31日と9月1日、「第26回熊谷市ラグビー祭り~あついぞ熊谷2大名物“雪くま×ラグビー”大集合!!~」が開催される。

第26回熊谷市ラグビー祭り~あついぞ熊谷2大名物“雪くま×ラグビー”大集合!!~

 9月20日に始まるラグビーワールドカップ2019日本大会を前に市民へラグビーの魅力と楽しさを伝える目的。1日目は高校ラグビー交流戦、2日目はラグビーレジェンドマッチ交流戦に加え、「雪くま大集合」などの出店販売、ラグビープチ体験やタグラグビー教室、ラグビー合唱団の歌唱などのイベントを予定する。昨年はワールドカップ開催1年前イベントとして「熊谷圏オーガニックフェス」「関東甲信越ラグビー不惑大会」と併催、全体の来場者数は約4万5千人だった。

[広告]

 今年は、ご当地かき氷「雪くま」の加盟店のうち10店舗が出店。「ラグビー」をキーワードに地域でスクラムを組み、熊谷市を盛り上げる意味で「スクラム」と「クマガヤ」をかけた「スクマム!クマガヤ」というスローガンの下、ラグビーの振興だけでなく、地元企業や商店との連携イベントに発展させた。

 運営本部本部長の門園健さんは「ラグビータウンである熊谷市の皆さんに、ラグビーのことを知ってほしい。ラグビーからは、チームワークやコミュニケーションの取り方など、普段の生活に生かせることがたくさん学べる。ワールドカップが終わった後もラグビーのある日常を楽しんでほしい。交流戦はどなたでも観戦できるので、気軽に見に来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、8月31日=13時~(14時キックオフ)、9月1日=8時30分~15時。出店と催事は9月1日のみ10時~15時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加