買う 暮らす・働く

熊谷・八木橋百貨店が地域結ぶ送迎バス「八木橋GO!」試験運行へ

無料送迎バスの前で握手を交わす八木橋百貨店担当者と協同バスの鈴木社長

無料送迎バスの前で握手を交わす八木橋百貨店担当者と協同バスの鈴木社長

  •  
  •  

 八木橋百貨店(熊谷市仲町、TEL 048-523-1111)は9月2日、地域と八木橋百貨店を結ぶ無料送迎バス「八木橋GO!」の試験運行を始める。

無料送迎バス「八木橋GO!」の運行コース

 公共交通機関の廃止や運転免許証の返納などで買い物に出掛けにくくなっている利用者に向けて、送迎することで充実した買い物時間を過ごしてもらおうと企画した。バス事業を展開する行田市の「協同バス」から「朝晩運行する工場従業員用の送迎バスを、日中空いた時間に有効的に利用できないか」と提案があり、今回試験的に運行。協同バスの鈴木貴大社長は「(バスを利用して)市街地に人が戻ってくれば、町の活性化にもつながる」と期待を寄せる。

[広告]

 コースは「妻沼西」「妻沼東」「籠原」「江南」「大里」の5コース。各コース週2回の送迎で、バス停留所は公共の集会所や公民館に設け、利便性を高めるように考えた。販売促進部の宮地豊さんは「10時のバスに乗車した場合、10時45分頃に店舗へ到着し、帰りは13時45分に店舗発車なので、3時間ほど店内にて買い物や食事を楽しんでいただけると思う。今は店内ポスターやバス停留所となる公民館などへの告知だけで始まったばかりだが、徐々に口コミで広まっていくといい。一定の利用者が見込めれば今後も継続的に運行していきたい」と意気込む。

 利用者にはスタンプカードを進呈し、1回の乗車でスタンプ1個を押す。スタンプを20個集めると食品フロア限定「300円券」として使うことができる。宮地さんは「地域に根差す百貨店として地元貢献の意味も込め、多くのお客さまに利用いただきたい」と呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加