見る・遊ぶ 買う

アズ熊谷にラグビーワールドカップ2019オフィシャルストア 地名入りグッズも

県内唯一のオフィシャルショップ

県内唯一のオフィシャルショップ

  •  
  •  

 ラグビーワールドカップ2019オフィシャルストアが9月14日、熊谷駅ビル「アズ熊谷」(熊谷市筑波、TEL 048-523-1411)4階にオープンした。

レプリカジャージーやマスコット「レンジー」のだるま型ぬいぐるみをはじめ、大会マークの入ったピンバッジなど約300種類が並ぶ

 ラグビーワールドカップ2019公式グッズを取り扱う、ポップアップ形式のグッズショップ。4階エスカレーター脇のイベントスペース「アズプラザ」に期間限定で登場した。フロア面積は約45平方メートル。新宿の「メガストア」を除き、関東では新横浜店、成田空港第2ターミナル店に次いで3店舗目のオープン、埼玉県内で唯一のオフィシャルストアとなる。

[広告]

 大会のブランドカラー「紫」のフロアマットが目を引くフロアには、主な大会出場国のレプリカジャージーやマスコット「レンジー」のだるま型ぬいぐるみをはじめ、大会マークの入ったピンバッジ、キーチェーンなど約300種類の商品が並ぶ。9月24日のロシア対サモア、29日のジョージア対ウルグアイ、10月9日のアルゼンチン対アメリカの3試合を予定する同市。「埼玉・熊谷」の地名入りピンバッジやキーリング、試合会場周辺の地図をデザインしたノートパッドや対戦スケジュールが分かる全国版とセットになったクリアファイルなども販売する。

 オープン当日から日本代表オフィシャルホームレプリカジャージーや20ユニオンのロゴが入ったキャップなどを手に取る姿が見られた。店長の吉本美和さんは「多くの方に立ち寄っていただきたい。試合会場で観戦する方もパブリックビューイング会場やご自宅で応援する方もグッズを手に楽しんでもらえれば。地域の方や熊谷会場に訪れる皆さんと一緒に大会を盛り上げたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は10時~21時。10月14日まで。

  • はてなブックマークに追加