見る・遊ぶ 学ぶ・知る

熊谷にラグビー式トレーニングジム 日本一の「最強市民」育成、地元に恩返しを

KUMAGAYA TRAINING LABの長沼さん

KUMAGAYA TRAINING LABの長沼さん

  •  
  •  

熊谷市中心市街地に10月1日、「ラグビー式最強ボディ創造ジム『KUMAGAYA TRAINING LAB(熊谷トレーニングラボ)』」(熊谷市鎌倉町、TEL 048-579-5541)がオープンした。

人工芝のマットとトレーニング器具

 ラグビー選手のトレーニングを一般向けにアレンジした「ラグビー式トレーニング」を取り入れ、一人一人の目的に合わせて組み立てるパーソナルジム。国際的トレーニング指導ライセンス「NSCA認定資格」を持つ代表の長沼郁生さんが考案した同トレーニングは、試合中のタックルなどの激しいプレーでけがをしないように筋力や柔軟性、持久力を高めるラグビーのトレーニングを基本としたもの。筋力アップだけでなく、ダイエットや姿勢改善、腰痛肩こりの予防改善など目的に合わせたトレーニングを行う。

[広告]

 コースは、1回60分(7,000円)、月4回のコース(2万4,000円)のほか、月4回2人のグループコース(1万8,000円)など。

 地元熊谷の高校ラグビー部から県選抜チームなど数々のチームでトレーナーを努めた長沼さん。柔道整復師免許も取得している。2018(平成30)年に開催された熊谷市のビジネスプランコンテストでは、「ラグビー式トレーニング方法で日本一の最強市民をつくる」というテーマで「まちづくり大賞」を受賞。今回の創業に至る。

 長沼さんは「健康づくりを通して、生まれ育った熊谷に恩返しをしたい。お客さまに寄り添い、挫折することなく続けられるトレーニングを行う。筋トレが初めてという方も何をやっても続かないという方も、まずは30分の体験コース(3,000円)もあるので、気軽に連絡してほしい」と話す。

 現在開催中のラグビーワールドカップについて、長沼さんは「ラグビーワールドカップを見た子どもが、やがて桜のジャージを着て熊谷の芝生に立つ。私たちも身近なことから子どもたちの世代にラグビーや地域などへの情熱をつないでいく必要がある。老若男女、幅広い世代の市民がトレーニングをして健康になり、地元で活動すれば街も元気になる。結婚して熊谷に住み子育てをする人もいると思う。子どもがラグビー体操や運動で健やかに幸せに育っていく連鎖をつくっていきたい」と意気込む。

 営業時間は9時~21時。木曜・日曜定休。要予約。

  • はてなブックマークに追加