見る・遊ぶ 暮らす・働く

熊谷の美容室で文化祭 「サロンは人が集う場所」、美を楽しみ地域にぎやかに

ヘアサロン「Musee style」で行われたフェスイベントの様子

ヘアサロン「Musee style」で行われたフェスイベントの様子

  •  
  •  

 「もし美容室が文化祭をしたら」をテーマにしたイベント「Musee Fes-5th」が11月4日、熊谷市の美容室「Musee style」(熊谷市柿沼、TEL 048-522-8555)で開催された。

パリコレに参加した戸井田さん

 フリーマーケットや野菜販売、陶器や雑貨、占いやハンドマッサージ、子ども向けワークショップ、DJライブのほか、パンや焼き菓子、コーヒーなどフードコーナーも用意したフェスイベント。店を利用する客だけでなく近所の人もスタッフも一緒に楽しみ、地域をにぎやかにしたいと2016(平成28)年から開催、5回目を迎えた。

[広告]

 野菜農園の旬の野菜セットやSNSで人気のパン店の総菜パン、テラスではバリスタがコーヒーの飲み比べや市内で採取した蜂蜜を紹介するドリンク、無添加のイチゴミルクを提供するなど、店舗周辺地域の店を紹介する意味もある。当日はオープン直後から子ども連れや女性客でにぎわった。

 同店の顧客としてイベントを知り、今回初出店した深谷市の輸入服飾販売店「didi」の店主は「たくさんのお客さまに見てもらえてうれしい、予想以上に好評だった」と話していた。店舗スタッフは「このイベントを通じて、お客さま同士が知り合うきっかけになったり、お仕事の幅が広がったりしている姿を見るとうれしい」と笑顔を見せていた。

 店主の柴崎ヒトシさんが深谷市内に開いた同店。熊谷店は10年目。雑誌撮影の仕事にも関わってきた柴崎さんの元で働くスタッフの中にはパリコレなどの参加メンバーもいる。柴崎さんは「美容師になったからには華やかな世界も経験させたい。その経験をお客さまへフィードバックできるサロンでありたい」とスタッフの挑戦を後押しする。柴崎さんは「文化祭はお客さまや地域の方とお話しをしたり聞いたりと交流できる楽しいイベント。『サロン』には『人が集う場所』という意味がある。人々が集まっておしゃれや美しくなることを楽しみながら、地域がにぎやかになれば」と話す。

 営業時間は9時~19時。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加