食べる 買う

熊谷にタピオカ「やっと来た」「待ってた」の声 2日間で1600杯以上提供

熊谷駅前にオープンした黒糖タピオカ専門店

熊谷駅前にオープンした黒糖タピオカ専門店

  •  
  •  

 タピオカ専門店「TEA PUBLIC 熊谷店」(熊谷市筑波)が11月26日、熊谷駅北口駅西通りにオープンした。

2日間で1600杯以上提供、開店と同時に行列ができ閉店時間まで途絶えなかった

 ツインテールの女の子のイラストが目印で広島発の黒糖タピオカ&タピオカティー専門店。九州や北海道、都内など全国展開し埼玉県内初出店となる。

[広告]

 定番の「黒糖タピオカラテ」や「黒糖抹茶タピオカラテ」(各550円)をはじめ、タピオカミルクティーの上に、生クリームとココアクッキーをのせインスタ映えを意識した「盆栽ミルクティー」(500円)、持ち歩きに便利なボトルドリンク(600円)、公式インスタグラムのフォロワーによる投票で決定する期間限定メニューなどを用意し、SNSでファンを獲得している。

 26日と27日にはオープン記念で「黒糖タピオカラテ」「黒糖抹茶タピオカラテ」「黒糖イチゴタピオカラテ」を無料提供する企画を行った。気温8度~10度という寒空の中、開店前から店の前に行列ができ閉店まで途切れることはなかった。これまで熊谷市内にタピオカドリンクを提供する店はあったが、専門店の出店は初めて。並んだ人々からは「地元に専門店ができてうれしい」「やっと熊谷にもタピオカが来た」「待ってた待ってた」と声が上がり、商品を手に撮影する姿が見られた。通常販売商品を含め2日間で1600杯以上提供した。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加