3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

熊谷駅近くに小さな洋食店「ベルツリー」 料理の匂いや音でシズル感も

「長く愛される店を目指したい」と話す鈴木さん

「長く愛される店を目指したい」と話す鈴木さん

  •  
  •  

 熊谷駅北口ショッピングセンター「ニットーモール」近くに12月1日、小さな洋食屋「Bell Tree(ベルツリー)」(熊谷市銀座、TEL 070-4468-5896)がオープンした。

お勧めメニューの一つ「ビーフシチュー」のセット

 地元ホテルで長年修業した店主の鈴木健治さんが独立して開いた同店。ショコラティエやカレー工房などの飲食店が集まる通りにあり、白い外壁に木の窓枠とアイアンの看板が目印。以前は居酒屋だった店舗物件を改装し、友人の協力でディスプレーも手作りした。カウンター6席とテーブル4席を設ける。

[広告]

 「できあがった料理をカウンター越しに手渡せるくらい小さい店」と鈴木さん。「だからこそ、お客さまの目の前で作る臨場感を大切にしたい。おいしい匂い、フライパンからジュワーッと上がる音を料理と一緒に味わってもらえたら」と意気込む。

 7時30分に始まるモーニングからディナーまで食券制で提供するシステム。メニューは、一晩寝かせて味を染み込ませるという「フレンチトーストセット」(700円)や「オムライスセット」(900円)、塊肉からミンチにして仕込むという「ハンバーグセット」(1,000円)、「ビーフシチューセット」(1,200円)など。契約農家から無農薬野菜や米を仕入れ、ソースやブイヨンも店内で炊くなど、できる限り手作りにこだわる。

 鈴木さんは「オープン前は自分一人で切り盛りしようと考えていたが、予想以上にお客さまがあり、見かねた家族が手伝ってくれるほど。混雑時にはお客さま同士で席を譲り合っていただけるのもありがたい」と笑顔を見せる。「いつか自分の店を持ちたいと考えていたことが現実になり、まるで宝箱を得たよう。多くの人に長く愛される店を目指したい」とも。

 営業時間は、モーニング=7時30分~9時30分、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~21時。土曜定休。

Stay at Home