見る・遊ぶ

熊谷桜堤で恒例「さくら祭」 桜と荒川公園の「デゴイチ」もライトアップ

夜はライトアップされるSL「デゴイチ」

夜はライトアップされるSL「デゴイチ」

  •  
  •  

 JR熊谷駅の南口を出て5分ほど歩いたところにある「熊谷桜堤」で現在、「熊谷さくら祭」が開かれている。

熊谷桜堤の様子

 毎年恒例の同祭。期間中は桜のほか、同会場に隣接した荒川公園に展示中のSL、通称「デゴイチ」もライトアップされる。

[広告]

 同SLは、長い間雨ざらしになっていたためボロボロの状態だったものを、およそ1年かけて「D51 140号機保存会」のメンバーらが有志で修繕、塗装し直したもの。同祭に合わせてお披露目された。

 今年は桜の開花が遅れており、4月2日現在で3部咲き程度だったが、1日、2日の土曜・日曜に開かれた「D51 140」の修復記念イベントでは、運転席での記念撮影やSLの歴史を写真や資料で紹介する展示も行われ、会場は多くの親子連れや観光客でにぎわった。

 ライトアップは18時~21時。同祭は4月9日まで。

問い合わせは熊谷市観光協会事務局(TEL 048-524-1111)まで。

  • はてなブックマークに追加