食べる 見る・遊ぶ 買う

東松山のカフェ「Cafe Pour Toi」が5周年 台風19号被害も再開望む声に後押しされ

「ふと思いたったとき『行きたい』と思った時に開いている店でいたい」と話す「Cafe Pour Toi」(カフェ プールトア)黒畑さん

「ふと思いたったとき『行きたい』と思った時に開いている店でいたい」と話す「Cafe Pour Toi」(カフェ プールトア)黒畑さん

  • 4

  •  

 東松山市の「Cafe Pour Toi」(カフェ プールトア)(あずま町、TEL 0493-81-3975)が7月7日、オープン5周年を迎えた。

サイフォンコーヒー(430円~)

 ショッピングモール「ピオニウォーク東松山」近くの住宅街にあるカフェ。カフェで働いた経験を生かし「自分たちの店を開きたい」と黒畑貴広さん里歩さん夫妻が開いた。一軒家を利用し、通りに面した大きな窓と淡い若草色の入り口扉が目を引く。店内はナチュラルな雰囲気のインテリアでまとめられ、カウンターのほか、テーブルとソファ席を組み合わせて29席設ける。

[広告]

 店名の「Pour Toi」はフランス語で「あなたのために」という意味。「来てくださるお客さまのための場所(カフェ)とメニュー、大切なひとときを提供したい」と思いを込めた。黒畑さんは「カフェに行くのに何日も前から予定を立てることもあるが、ふと思いたったとき『行きたい』と思った時に開いている店でいたい」と営業時間をできるだけ長くしている。

 オープン当初から変わらない定番メニューは銅板で焼き上げる「パンケーキ」(520円~)。「プレーン」や「ベリー」「チョコバナナ」「黒糖きなこ」のほか、旬の果物などを使った期間限定メニューも登場する。「喫茶店のナポリタン」(790円)など食事メニューも充実。各種コーヒー(430円~)は全てサイフォンで抽出、クリアな味わいで飲みやすいとリピーターが多い。黒畑さんは「抽出までの音や視覚も含めてサイフォンコーヒーの雰囲気を店内で楽しんでほしい」と話す。

 同店は2019年10月13日、台風19号の記録的な豪雨により1階部分が浸水、翌日から作業に追われ店を休業せざるを得なかった。黒畑さんは「店内は床上約80センチまで水が上がった。周囲も浸水被害がひどく夜は停電で真っ暗だった」と振り返る。泥出しや家財整理、消毒、乾燥と復旧作業を進めるなか、黒畑さんは「再開しても、一度浸水した店に来てくれるのかどうか不安だった」と話す。

 被災翌日から支援に駆け付けてくれた人や店を訪れ励ましてくれた人、再開を望む声に後押しされ、12月9日に店舗再開。再開初日は平日にもかかわらず開店待ちの列ができ、祝いの花を手に訪れる常連客が次々あったという。黒畑さんは「想像以上のお客さまに感動した。再開を心待ちにしてくれた方がこんなにもいると思うと言葉にならなかった」と話す。

 5周年を迎え、黒畑さんは「オープンしたのは自分自身の『店を開きたい』という思いだったが、来て下さるお客さまがいるから続けることができると改めて思う。これからもお客さまに気兼ねなく来てもらえるような店づくりを続けたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は10時~21時(火曜は17時まで、新型コロナウイルスの状況により変更する場合あり)。水曜定休。