食べる 買う 暮らす・働く

深谷のカフェ「ignis coffee」が1周年 隠れ家のような店内で自家焙煎コーヒー楽しんで

「地域の人が緩やかにつながることで初めてカフェの存在価値が生まれると思う」と竹下さん

「地域の人が緩やかにつながることで初めてカフェの存在価値が生まれると思う」と竹下さん

  •  
  •  

 ショッピングセンター「アリオ深谷」近くのカフェ「ignis coffee(イグニスコーヒー)」(深谷市、TEL 090-4967-2508)が12月19日、オープン1周年を迎えた。

その日の黒板から選べるランチプレート

 白い外壁と重厚な扉が目を引く同店。隠れ家のような店内はスタイリッシュなコンクリートの壁とアンティークのインテリア、入り口脇には焙煎(ばいせん)機が鎮座する。カウンター5席テーブル8席を設ける。

[広告]

 「美味しいものは人を幸せにする」をコンセプトに自家焙煎コーヒーと手作りの総菜、デザートを提供するカフェ。店主の竹下宏美さんは都内ホテルやコーヒー店に勤務し接客を経験、カフェが好きで人との関わりを大切にしたいと前オーナーと縁をつなぎ、夫婦で店を開いた。

 「自分が好きなもの、おいしいと思うものを提供している」と竹下さん。「本来なら、お客さまが求めるものを研究した方が良いと思うが、私自身コーヒーとカフェが好きで自分の好きなものを作ってしまう、好みが合う方と出会えたらうれしい」と話す。今夏からは朝の時間帯も店を開き軽食を提供。竹下さんは「自分が朝食難民になり、カフェで朝食を取りたかった」と笑顔を見せる。

 メニューはブレンドコーヒー、自家製シロップのドリンク(各450円)、モーニングにフレンチトースト、ホットサンド(以上600円)、ランチにはラペやリエット、コンフィなどその日の黒板に書かれた総菜から選ぶランチプレート(総菜3種800円、6種1,100円)、デザート(400円~)など。素材から厳選し作り置きせず一つ一つ丁寧に手作りする。1杯ずつ豆をひきハンドドリップで入れるコーヒーは店内で自家焙煎。竹下さんは「豆の良さを全て引き出したい、目指すコーヒーがある」と話す。「今は新豆の時期、メキシコ(100グラム=700円~)がお薦め」とも。

 オープンから1年、SNSやイベント出店を通じて徐々に広まっている。竹下さんは「お客さまが紹介してくださったり、イベントがきっかけで来店されたりして認知されつつある。店内イベントで出店者と参加者がつながり、コミュニティーの場としても利用いただければ」と話す。

 営業時間は8時~18時。月曜・火曜定休。

SmartNews Awards 2019