新型コロナ関連熊谷市、25日新たに陽性3人

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

熊谷のコミュニティーFMが成人式特番 式典中止受け企画

熊谷スポーツ文化公園「彩の国くまがやドーム」西側メイン入り口に設置されたFMクマガヤ特設スタジオ

熊谷スポーツ文化公園「彩の国くまがやドーム」西側メイン入り口に設置されたFMクマガヤ特設スタジオ

  • 54

  •  

 コミュニティーFM局「FMクマガヤ」が1月10日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う成人式の式典中止を受け企画した特別番組「みんなに届け!新成人からのメッセージ!」を放送した。

行田市の成人式会場から中継をつないだ

 熊谷市は1月5日、急速に拡大する新型コロナウイルス感染への安全確保のため「熊谷スポーツ文化公園彩の国くまがやドーム」で予定していた成人式の式典中止を発表。時間を3つに区切り、会場外で卒業中学校ごとに記念写真が撮影できる場所の設置と記念品配布を行った。今年の熊谷市の新成人は1907人。会場には当日、1285人が集まった。

[広告]

 「FMクマガヤ」では同日、熊谷スポーツ文化公園「彩の国くまがやドーム」西側メイン入り口に特設スタジオを設け、その場で新成人の出演希望者を募りメッセージを収録した。

 当日10時から始まった特別番組では、3時間の放送中に新成人や新成人の保護者、姉妹など計33人が出演。新成人は今後の抱負や夢、地元熊谷へ期待することや思っていることなどを話し、保護者や家族らは新成人へのお祝いメッセージを伝えた。

 出演した新成人28人はそれぞれ、「式典がなくて残念だが、写真撮影でみんなと会えることができて良かった」「成人式を迎えられたことに感謝。親や先生方、友人、熊谷市にも感謝したい」「(母親に向けて)育ててくれてありがとう、いつか恩返ししたい」「これまでいろいろな人に守ってもらってきた。成人を迎えこれからは責任を持ち、感謝を伝えるようがんばっていきたい」などとラジオを通じて思いを口にしていた。

 5年後10年後の自分に向けて、新成人たちは「自立して生きていきたい」「仕事で一人前になりたい」「資格を取得して夢に向かってがんばりたい」「将来は起業したい」などと話した。

 11時台には富岡清市長が出演。直前まで開催を迷っていたことや新成人が期待を持って成人を迎えられる機会を作りたかったことなどを話し、「コロナ禍でも新成人をお祝いする気持ちに変わりはない。それぞれの目標に向かって大きく羽ばたいて。まずは健康でいてほしい」とエールを送った。12時台には行田市の成人式会場からも中継をつないだ。

 パーソナリティーを務めた臼杵健さんと吉田香さんは番組内で、「新成人の意気込みを聞き背筋が伸びる思い」「感謝の気持ちを言葉で表すことは難しいと思うが、皆さんしっかりメッセージを伝えてくれた。それぞれが考えを持ちしっかり生きているなと感じて心強い」などと話し、「新成人の皆さん、成人おめでとうございます」とお祝いのメッセージで締めくくった。