見る・遊ぶ 学ぶ・知る

熊谷に無料イベントスペース 地域の店と人つなぎコミュニティーに

約20坪の室内ホールと80坪のテラスをイベントスペースとして無料開放

約20坪の室内ホールと80坪のテラスをイベントスペースとして無料開放

  •  

 熊谷周辺地域の人々が集うイベントスペース「iKoooonくまがや」(熊谷市肥塚)が1月19日、妻沼街道沿い・熊谷バイパス近くにオープンする。

19日、20日はオープニングイベントも開催

 店名「iKoooon」は埼玉県北弁の「行くの?=行くん?」に由来。子どもから大人まで幅広い世代に向けて「毎日立ち寄りたくなる」地域コミュニティーとなるべく、約20坪の室内ホールと80坪のテラスをイベントスペースとして無料開放。地域の商店や個人の相互扶助により地域活性化を目指す。

[広告]

 「オフラインの臨場感を大切にしたい」と話すのはスタッフの内田真由美さん。「熊谷は日帰りで都内に出て行ける距離だが、市内の魅力的な店を知らないのはもったいない。市内の店と人をつないで地元を盛り上げたい」と話す。「都内に出て行くことを勧めるのではなく、地域の店や人の魅力も、都内の一歩先の『当たり前』も一緒に提供できないか」と考え、地域の人々が集う空間としてイベントスペースの無料提供を決めた。

 イベントスペースの利用は、ジャンルを問わず誰でも申し込み可能。「熊谷で何か始めたいと思っている人が、チャレンジショップとして一日店舗を開いたり、自分で作った野菜や雑貨を売ったりすることもできる」。ネイルやヨガのワークショップ、クラフト作家の作品展示やアーティストのライブなど、「地域で広めたいことがある人に利用してほしい」と言う。

 現在クラウドファンディングでプロジェクトの支援を募っている。リターンとしてコーヒー回数券や限定Tシャツ、洗車回数券、ウッドデッキ記念手形刻印などを用意。「食やカルチャー、便利なサービスなどをコンテンツに人々の集まる場所になれれば」と意気込む。「先着20組にはショップアプリも無料で提供する予定」とも。

 イベント開催時間は10時~17時。イベントスペースの利用の問い合わせはフェイスブックページまで。