食べる 見る・遊ぶ 買う

深谷で商店街イベント「わかおかみーけっと」 25組が出店、美人写真撮影ブースも

来場を呼び掛ける「深谷商店街連合会活性隊若おかみ」メンバー

来場を呼び掛ける「深谷商店街連合会活性隊若おかみ」メンバー

  •  

 JR深谷駅北口「にぎわい通り」(深谷市仲町)で10月23日、手作り市「わかおかみーけっと」が開かれる。主催は、深谷商店街連合会活性隊若おかみ。

「わかおかみーけっと」の案内ちらし

 地元商店街の若おかみたちが商店街の魅力発信と地域活性化を目的に、区画整理地内の空き地を暫定利用し企画した。同団体ではこれまでも、「華の宿場まつり」や「浴衣で夕涼み会」など開催してきたが、平日日中のイベントは今回が初めて。

[広告]

 イベント名「わかおかみーけっと」は、良い品に合える「meet」と、若おかみに会える「meet」、市場の「market」を組み合わせた造語。

 商店街の老舗、和菓子の「浜岡屋」や「カフェ花見」、市外からベーグル店「ウスキングベーグル」をはじめ、弁当や総菜、小物販売やバザー出店など25組が参加する。会場内では「子ども広場」「ヘア&メイクの美人写真撮影ブース」など、会社員や子育て世代、年配者まで幅広い世代が楽しめる企画を用意する。

 「ひな人形の高木本店」若おかみの高木陽子さんは「商店街の魅力を1カ所にぎゅっと集めた手づくり市。社長が泣いたとしても私たち若おかみがサービスするので、ぜひ遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 浜岡屋若おかみの岡部美雪さんは「当イベントを通じて多くの人に商店街の魅力を知ってもらいたい。若い方が開業した時には若おかみが全力でバックアップする」と話す。「今後は定期開催にしていきたい」とも。

 開催時間は10時~14時。