見る・遊ぶ

熊谷でXマスコンサート 在宅ライフ倶楽部企画、Xマスソングや雄たけびも

参加を呼び掛ける在宅ライフ倶楽部メンバー

参加を呼び掛ける在宅ライフ倶楽部メンバー

  •  

 「ZLC LIVE・原点」が12月23日、熊谷市立勤労会館 大ホール(熊谷市石原)で行われる。主催は在宅ライフ倶楽部(くらぶ)。

Christmas Dream Comes True ZLC LIVE 「原点」の案内ちらし

 在宅ライフ倶楽部は、障がいを抱えながら在宅生活を送る人がどうしたらよりよい生活が送れるのか、共通の課題として集まって考える団体。地域の人々と交流する機会を持ち、相互理解を通じてボランティアや支援活動につなげようとイベントや上映会などを積極的に企画している。

[広告]

 クリスマスコンサートは今回で4回目。「ライブハウスに行きたい」と思いを募らせていた代表の小森洋司さんが「車いすでは段差のあるライブハウスには行けない。それなら自分たちでライブを企画しよう」と、アーティストの谷介さんと、同じくアーティストで地元で福祉施設を運営する上原ひでかずさん、障がい福祉事業所に携わるメンバーで構成されるバンド「ザ・クンパクンパ」に声を掛け、実現にこぎ着けた。

 今年のタイトルは「原点」。小森さんは「クリスマスというワードには、何か夢をかなえてくれそうな響きがある。そのためにはまず夢を見ることが必要だと、このコンサート実現が教えてくれている。今年はその大切さと喜びをもう一度再体験するために『原点』と名付けた」と話す。

 プログラムは、熊谷市在住の声楽家、間庭まみこさんのクリスマスソングで厳かに始まり、谷介さんのギター弾き語り、打楽器や雄たけびで盛り上がる「ザ・クンパクンパ」のパフォーマンス、ラストは会場が一体となる「翼をください」の合唱で締めくくる。

 小森さんは「『障がい者に対して何かしたいと思ってもどうすればいいのか分からない』という声をよく聞く。そんな場面に出合ったことがなければ当然のことだけれど、このコンサートが出合うきっかけになれば。私たちが企画するイベントを通じて、顔を合わせ、話をしながら理解し合い、同じ人間同士の『やさしい輪』が広がるといい。ラストに全員で歌う場面は毎回最高潮に盛り上がる。クリスマスをみんなで楽しみたい」と笑顔を見せる。

 開催時間は13時30分~16時。入場無料。