食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

熊谷のイタリアン「トラットリア・ジリー」が1周年 地域密着店目指す

  •  
  •  

 JR熊谷駅南口の万平公園の向かいにあるイタリア料理店「Trattoria JILLY(トラットリア・ジリー)」(熊谷市万平町、TEL 050-5340-7116)が3月10日、1周年を迎えた。

 1皿からコース料理まで、「気軽においしいイタリア料理を楽しめる店を」と店を開いて1年。木目調の外観とイタリア国旗、通りに面した大きな窓が目印の同店。最大30人まで団体利用が可能な店内はカウンター5席のほか、ゆったりできるよう間隔を広く配置したテーブル席22席を設ける。

[広告]

 「細く長く、地域の方に愛される店でありたい」と話すのは店主の池尻裕介さん。大阪、イタリア、東京で働き、友人の紹介で熊谷に出店した。ワインに合う一品料理からコース料理まで幅広いメニューをラインアップ。注文を受けてから切り出す「パルマ産生ハム」(980円)や、男性に人気だという「チーズライスコロッケ」(300円)のほか、種類豊富なパスタ、メイン料理などをそろえる。

 厨房で腕を振るうのは池尻さん1人。そのため提供できる料理に限りがあり、「お客さまを待たせたくない」と、例え席が空いていても、場合によっては入店を断ることもあるという。池尻さんは「予約のお客さまだけで一杯の時もあれば、フラリと寄っていただける日もある。直前でも構わないので電話を頂ければ」と話す。

 池尻さんは「オープンから1年、家族連れやワイン好きの夫婦、気に入った一皿を目当てに来店する方など、近所の方を中心に常連のお客さまに恵まれている。毎日の食事にサッと利用したい時も、ワインと料理でゆっくり食事を楽しみたい時も、どちらの場合も気兼ねなく使える地域密着の店になれれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時~23時。火曜定休(第1・第3月曜はディナータイム休み)。

  • はてなブックマークに追加