食べる 買う

熊谷・武州養蜂園の「はちみつソフトクリーム」、市役所近くの店舗でも販売へ

ぷっくり丸いフォルムのソフトクリームとソフトクリームのマスコット

ぷっくり丸いフォルムのソフトクリームとソフトクリームのマスコット

  •  
  •  

 熊谷市役所前の武州養蜂園宮町店(熊谷市宮町、TEL 048-522-5015)が6月3日、はちみつソフトクリームの販売を始めた。

はちみつ色の壁の前で「はちみつで幸せ感じて」と従業員

 蜂蜜などを製造販売し、熊谷市内、埼玉県内外に全13店舗を展開する同社。入りやすい店作りの一環として「はちみつソフトクリーム」を開発。市内久保島店で昨年3月に販売を始め、市役所が近くアクセスの良い宮町店でも販売することを決めた。

[広告]

 アルゼンチン産のクローバー蜂蜜をミルクソフトに混ぜ込んだ同商品。価格は380円。「蜂蜜の味が濃い」「ふんわりもちもち」「爽やかな甘さで後味すっきり」と来店客に好評を得ているという。ぷっくり丸いフォルムのソフトクリームは「SNS映えする」と写真を撮る人も多く、口コミやSNS効果でリピーターも増えているという。久保島店では今夏、抹茶味との2色ソフトも発売する予定。

 ソフトクリーム販売のためにリニューアルしたという宮町店は、蜂蜜をイメージした蜂蜜色の壁が目を引く。木材を使い明るい雰囲気の店内にはさまざまな種類の蜂蜜、ジャム、蜂蜜ドリンク、ローヤルゼリー、プロポリスなどの商品が並ぶ。「令和」の商品名で販売中の純粋蜂蜜は、5月に熊谷の河川敷で採蜜した搾りたての物を使う。ソフトクリームコーナーは壁面を丸い切り株で飾る。イートインスペースは8席を設ける。

 同社の栗原孝幸経理部長は「蜂蜜屋さんだからできる本物の蜂蜜を使ったソフトクリームは、ミネラル豊富で暑い熊谷の夏にぴったり」と話す。「お子さま連れや学生さんなどお客さまの年齢層が広がった。ソフトクリームをきっかけに、蜂蜜の良さを知っていただき、ほかの商品にも興味を持ってもらえれば」とも。

 営業時間は9時~18時。日曜、祝日定休。

  • はてなブックマークに追加