見る・遊ぶ

県こども動物自然公園でカピリンピック 5園コラボでカピバラのスイカ早食い

順調に食べ進める心音

順調に食べ進める心音

  •  

 東松山市の県こども動物自然公園で8月4日、国内の動物園など5園のコラボレーション企画「カピリンピック!カピバラのすいか早食い競争」が行われた。

惜しくも1秒差で2位の結果に

 昨年1分36秒で初優勝し連覇を目指す同園。4頭のカピバラのうち、2歳の雌「心音(ここね)」が参加。他園では伊豆シャボテン動物公園や長崎バイオパーク、いしかわ動物園などからそれぞれ1頭が参加した。

[広告]

 内容は500グラムのスイカを用意し、食べ始めから皮の部分も合わせて食べ切るまでの速さを競うというもの。開始前から敷地前に約50人の観客が集まり早食い競争の行方を見守った。

 14時過ぎ、スタッフが真っ赤なスイカを目の前に置くと、おもむろに近づいて食べ始めた心音。他園では4分台の結果も出る中、休むことなく順調に食べ進み1分49秒という高タイムで食べ終えた。

 その様子を見て、同園の飼育スタッフは「一緒に暮らす雌3頭のカピバラの中でも年齢が若く他の2頭に遠慮がちな心音だが、今日は積極的によく食べていた。1分台の記録が出てこれはひょっとして優勝するのでは」と話していた。

 全ての園の測定が出そろい、惜しくも1秒差で那須どうぶつ王国に敗れ、結果は2位。スタッフは「よく頑張ったが惜しい。次回リベンジしたい」と話した。